Search
  • Iwanai United社長の気ままなブログ

「できる」という勘違い

おお、いきなりどうした。と思われるかもしれないのですが、時効だと思い話したいことがあります。時間に余裕のあるときで、なんとなく手持ち無沙汰の人だけ見てください。できれば大人よりも、子供達に見て欲しいです。


二十代前半の頃に仕事であるプロジェクトのミーティングをしているときのことです。


上場企業の方々も含んだ、一般的に「すごい」と尊敬される大人たちたちがテーブルを一斉に囲んでそれぞれ案を出し合っているとき、「アイディアは良いですけど、それはちょっと難しいですね。」と言われたことがありました。


「ああ、やっぱり私はまだまだなんだな」と思いつつ、一応理由を聞くとこう返ってきたのです。


「前例がないですから。」


しばらくどう意味か、本気で考えてしまいました。

なぜなら文字通り、本当にその言葉の意味が分からなかったのです。


それから何度かそういった言葉を聞くことになるのですが、その時は(今もだけど)私にとって「前例がない」と「出来ない」は全く異なることであり、どうしても結びつかない事柄でした。


「出来ない」からのスタート

私の人生はほとんどが「出来ない」からスタートしているので、いつもどうしたら出来るようになるか考えるところからの積み重ねでした。だから、たくさん失敗もしています。顔から火が出そうなものから、人様に迷惑をかけてしまったものまで、失敗の種類と数は様々です。29歳になった今でも、そういうことがたくさんあります。


失敗しても挑戦をやめずにいると、良い結果が出ることもあります。そうすると人は結果だけを見て、「運が良かったね」とか「もともとそういうものを持っていたんじゃないか」、はたまた「あなただからじゃないか」というのですが、それは全く違います。

大して特別な才能がない私は、英語が話せるようになるにはどうしたら良いか考え、お金がないから辞書を買ってAからZまで全部の単語と文章を暗記したことで習得したし、お金持ちばかりがいるスキーの世界で、自分でスキーを買って冬に遠征に行けるように誰よりも沢山バイトをしていました。トレーニングの時間が減ってしまうことが嫌で、往復10キロのバイト先までランニングで通っていたりしていました。


世界一周だって、一年間一切の休みを取らず、毎日16時間働いて貯めたお金で行きました。そもそもこの岩内だって「ここに住みたいけど仕事がないな、どうしよう」からスタートし、仕事を作ることから始めました。会社の社長になりたかった訳ではなく、結果そうなってしまっただけなんです。

才能もなければお金もない私はいつもマイナスからのスタートで、努力でカバーするしかありませんでした。


どうしてこんなこと言われないといけないんだろうと悲しくなることも沢山あったし、それこそ辛い思いをどれだけしたか分かりません。


だけど、一歩踏み出して挑戦した後は少しいつも成長した気がして、そのたびに自分を誇りに思えていました。


そんな感じで挑戦をやめずにいると、どんどん挑戦のレベルも知らずの内に上がっていて、いつの間にか、昔出来なかったことが簡単にできるようになっていたり、それが仕事になったり、人が感謝してくれたりするようになったのです。


仕事は自己実現ではなく、誰かのためであるべきと思っていたことが本当に少しずつだけれど叶えられてきたのは、「あなたには無理」を信じずに、「私には出来る」と勘違いをしてきたお陰だと思っています。


大人の言うことはあまり聞かなくて良い

残念ながら、この世の中には何の価値も持たない常識を正義と勘違いし、あなたが出来ない理由を丁寧に教えてくる人が一定数います。そういう人に「そういうことやめてよね」というのは時間の無駄なので言いませんが、逆に子供達に言いたいのは、「そういう言葉、気にしなくて良いからね。まじで(笑)」です。


冒頭で書いた、一般的には「すごい」と言われている人たちでも、平気でそんなことを言ってしまう世の中です。そもそも、「すごい人」や「えらい人」というのはこちらが決めることなので、「すごい人が言っていたから」とか、そういう考え方は必要ありません。


私が覚えている最初の「あなたには無理だよ」を言ってきたのは、その時所属していたスキーチームの仲間のお母さん。私が8歳の時でした。一般のスキーテストに、子供の私が受けて惨敗。それだけでも悲しかったのに、トドメの一言を言われ、心が潰される思いでした。今でも覚えているのだから、相当ショックだったし腹も立ったんでしょう。


「大人が言うのだから本当に無理なのかも」と一瞬よぎりましたが、その次のテストでちゃんと合格することが出来ました。人の話を聞かず、できると勘違いをし、努力をやめなかったからです。


そして、人を大切にすること。


これさえ大事にしていると、同じようにチャレンジを楽しむ人ばかりが集まるようになり、いつしか「あなたには無理」が「あなたなら出来る」に変わる日がきたりする、そんな面白い世界だったりします。

努力をしたからといって結果が出るような簡単な世の中ではないかもしれないけど、まだ見ぬあらゆる世界へ連れて行ってくれるのは、紛れもない努力だと思っています。努力は飛行機のチケットのようなもので、そのチケットがあなたをエジプトまで連れて行ってくれるかもしれません。そして空港に着いて迷うあなたを、誰かがピラミッドまで連れて行ってくれるかもしれない。


それまでにたくさん傷付くだろうし、辛い思いもするだろうけど、傷ついた人というのは、誰かの痛みをわかる人。


世の中で一番えらい人は、お金持ちでもなく、名声や権力を手にしている人でもなく、「人に優しくできる人」だと思っています。そういう人になれるように、私もまだまだ勉強中。


こんな風に分かったように書いたけど、私が言うことも例に漏れず右から左に流してもらっても大丈夫です(笑)あんまり大人のことは聞かなくて良いけど、自分のことをだけは信じて欲しいなと。そんなオバチャンの小言です。


最後に、心に響いた言葉を貼っておきます。

ー堀江貴文「ハッタリの流儀」より


それでは今週もお疲れ様でした〜。素敵な週末を!


IWANAI

UNITED

  • Facebook
  • Instagram

© 2020 by IWANAI UNITED

Government License Number:

Hokkaido Tourism Zone Specific-760

Iwanai-gun Iwanai-cho Azanozuka

info@iwanaiunited.com